専業主夫の超節約術

格安SIM、光回線を中心に資産形成のための超お得な節約術を紹介します。

専業主夫の超節約術

【絶対損しない】新電力会社への乗り換えによるメリット・デメリットを確認

f:id:otokonobiyo:20211029222318p:plain

大手電力会社から新電力会社へ乗り換えることは効果的な電気料金の節約術ですが、気になるのは乗り換えに伴うデメリットではないでしょうか。

そこで今回は、大手電力から新電力に乗り換える際のデメリットとメリットを解説し、デメリットに対する解決法もご紹介します。

新電力とは

f:id:otokonobiyo:20211019142213p:plain

従来、電気を使用するためには「東京電力」や「関西電力」などの大手電力会社と契約するのが当たり前でした。というよりそれ以外の選択肢はありませんでした。

しかし、2016年に電力の小売が自由化されてからは、たくさんの企業が電力事業へと参入し、現在では700以上もの電力会社が誕生しています。

この2016年の“電力自由化”後に新たに誕生した電力会社のことを「新電力」と呼びます。

新電力へ乗り換えるデメリット

知らずに契約してしまうと損をする場合もあるため、大手電力会社から新電力会社へ乗り換える際のデメリットを必ず確認しておきましょう。

必ずしも安くなるとは限らない

新電力会社には、利用者の多様なライフスタイルに対応するための様々なプランがあります。そのためご家庭に合った適切なプランを選択することができなければ、今よりも電気料金が高くなってしまう可能性もあるのです。

新電力会社のホームページには、乗り換え後の電気料金をシミュレーションするページが用意されている場合がほとんどなので、必ず利用するようにしましょう。

新電力会社選びが大変

前述したとおり、新電力会社の数は現在700を超えると言われており、全てを個人で比較することは不可能に近いでしょう。また、電力会社の数だけプランもあるため、本当に自分に合ったプランを探し出すのは困難と言わざるを得ません。

そんな時に便利なのが電力会社の比較サイトエネチェンジ です。以下のように必要事項を入力していくだけで、最適な電力会社と最適なプランを提案してくれます。

f:id:otokonobiyo:20211019122139p:plain

さらに、エネチェンジ を通して乗り換えを行うと商品券や現金キャッシュバックなどの特典が貰えるため、乗り換えの際はエネチェンジを経由することを強くおすすめします。

最低契約期間や違約金がある場合がある

新電力会社の中には、最低利用期間及び最低利用期間に達することなく契約解除手続きを行った場合の違約金を設定している会社もあります。

急な引越しやより良い電力会社を発見した時のためにも、最低利用期間と違約金はないに越したことはありません。エネチェンジ の検索結果では、違約金(契約解除料)の有無が一目でわかるようになっているため、違約金がある電力会社は避けることをおすすめします。

f:id:otokonobiyo:20211019123355p:plain

新電力へ乗り換えるメリット

前述したデメリットは、どれも回避可能なものばかりです。

ここからは新電力会社へ乗り換えることで得られるメリットについて紹介していきます。

大手からの乗り換えではほとんどの場合安くなる

大手電力会社から新電力会社に乗り換える場合は、新電力会社とプランさえ間違えなければ、ほぼ確実に今の電気代よりも安くなります。失敗せずに乗り換えを行う方法として、前述したエネチェンジ からの乗り換えをおすすめします。

具体的にいくら安くなるのかは、電気の使用状況や現在契約されているプラン、また地域によっても変わってくるため一概には答えることができません。

ですが、参考までに4人家族一戸建て九州住まいの筆者を例に挙げると、大手電力会社である九州電力からの乗り換えで年間11,863円安くなるという試算でした。もちろん筆者宅はすでに新電力への乗り換えを済ませています。

f:id:otokonobiyo:20211019134524p:plain

電力会社は携帯で言う格安SIMのようなもので、一度切り替えてしまえば毎月自動的に、また半永久的に家計の節約となるものです。月々の支出を減らしたいのなら、新電力を利用しないという選択肢はありません。

商品券などの特典が貰えることがある

f:id:otokonobiyo:20211019145346p:plain

電力事業とは、一度契約した利用者は長く継続してくれることが予想されるビジネスであるため、商品券やキャッシュバックなどの特典に力を入れている会社が多いです。

それらの特典を最大限に受け取るためには、やはりエネチェンジ からの申し込みが必須となります。エネチェンジには、新電力会社へ直接申し込みを行うだけでは得られない特典も用意されているためかなりおすすめです。

面倒な手続きは必要ない

例えばエネチェンジ から乗り換えの申し込みを行う場合、必要事項を入力するだけなのでWEB上で全て完結します。

f:id:otokonobiyo:20211019143906p:plain

その後はエネチェンジや乗り換え先の電力会社が手続きを行ってくれるため、現在お使いの電力会社へ解約の申し込みを行う必要すらありません。筆者も実際に乗り換えるまでは知りませんでしたが、電力会社ってびっくりするぐらい簡単に切り替えが可能なのです。

電力の供給が安定している

大手電力会社以外の電気を使うとなると「停電が起きたり災害時の復旧が遅れたりするのでは?」と考える方がいますが、そんなことはありません。

その理由は下のイラストのとおり、変電所から家庭に電気を送る「送配電」に関しては、大手電力会社が担っているからです。

f:id:otokonobiyo:20211019145009p:plain

つまり、災害等の原因により電力の供給に不具合が生じた場合でも、対応するのは新電力会社ではなく今までどおり大手電力会社が行うということになります。

新電力会社だからと言って停電リスクが高まったり復旧が遅れるということはなく、それでいて電気料金は安いのですから、これもメリットの1つと言えるでしょう。

新電力会社への乗り換えによるメリット・デメリットを確認

あまり調べもせず、テキトーに選んだ新電力会社へ乗り換えようとすると、失敗する可能性が高まります。

と言っても、たくさんある電力会社を一つ一調べる必要はなく、電力会社の比較サイトエネチェンジ を利用すればほとんど失敗することはないでしょう。電気料金とは毎月必ず支払わなければならない料金のため、乗り換えは早ければ早いほど得をします。

まずはシミュレーションだけでもやってみてはいかがでしょうか。