専業主夫の超節約術

格安SIM、光回線を中心に資産形成のための超お得な節約術を紹介します。

専業主夫の超節約術

もう楽天経済圏はやめた!使ってみてわかったデメリット4選

f:id:otokonobiyo:20220114133942p:plain

楽天経済圏は、初心者でも効率よくポイントを稼げることから、節約思考の方を中心に人気を得ています。筆者自身も楽天経済圏に身を置いてから数年が経過しており、これまでの累計獲得ポイントは25万円分を超えています。

しかし、本記事では楽天経済圏にドップリ浸かっている筆者だから分かる、楽天経済圏のデメリットについて解説していきます。

楽天経済圏とは

f:id:otokonobiyo:20211219125701p:plain

生活に関するあらゆるサービスを楽天グループに集約することで、効率よく楽天ポイントを貯めたり、貯めたポイントを運用して家計全体の支出を減らす行動のことを言います。

例えば、「スマホは楽天モバイル、買い物は楽天市場で支払いは全て楽天カードで」など、楽天グループのサービスを多く利用することで、楽天市場でのポイント獲得倍率が上がっていきます。これをSPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼びます。

以下の記事では、楽天経済圏の始め方をわかりやすく解説しています。

楽天経済圏はやめた!デメリット4選を紹介

ポイント経済圏としては最も使われている楽天経済圏ですが、メリットばかりではありません。楽天経済圏ユーザーが「もうやめたい!」と思う理由となったデメリットについて紹介します。

①ポイント進呈ルールの改悪が多い

楽天モバイルによる携帯事業参入以降、楽天ポイント進呈に関する改悪が立て続けに起きています。

例えば、楽天ゴールドカードのSPU倍率が通常の楽天カードと同等に引き下げられたり、楽天カードによる公共料金の支払いで得られるポイントが1%から0.2%に引き下げられたりしています。

楽天経済圏のお得感は段々と減少しています。今後も楽天ポイントに関する改悪は行われる可能性があり、内容次第では楽天経済圏をやめるための理由になり得るでしょう。

ここ最近で改悪された事項と対策については、以下の記事にまとめています。

②エントリーを忘れてしまいがち

f:id:otokonobiyo:20220114130016p:plain

楽天市場ではポイント獲得倍率が上昇するキャンペーンが頻繁に行われています。楽天スーパーセールやお買い物マラソンもその一つです。

気を付けなければならないのは、このキャンペーンは自動的に参加できるものではないということです。キャンペーンに参加するにはキャンペーンページに行って「エントリーするボタン」をタップしなければいけないのです。

参加する手順自体は至って簡単なのですが、これを意外と忘れてしまうことがあるのです。自動的に参加状態にしてくれれば良いのですが、毎回親切じゃないなぁと思ってしまいます。

さらに「エントリーするボタン」をタップする時、強制的にメルマガに登録させられてしまうのが地味にイヤです。後からメルマガをイチイチ解除しなければならないのはとても面倒なのです。

③無駄遣いしてしまいがち

f:id:otokonobiyo:20220114130301g:plain

楽天市場で定期的に行われる楽天スーパーセールやお買い物マラソンでは、商品を購入すればするほど楽天ポイントの獲得倍率がアップしていきます。

そのため、ついつい必要のないものまで購入してしまいがちな点はデメリットの一つでしょう。当然それが楽天側の販売戦略なのでしょうが、本当に欲しいものだけを購入するように心掛けたいものです。

④楽天グループで固めすぎてしまいがち

SPUの倍率を上げるためには楽天グループの様々なサービスを利用する必要があります。しかし、経済圏に囚われて思考停止で楽天のサービスを使うのは良くありません。

他社により良いサービスがあれば、楽天にこだわらずに柔軟に使い分けることが重要でしょう。楽天グループのおすすめサービスやおすすめできないサービスは、以下の記事で詳しく紹介しています。

楽天経済圏はやめるべきか?

楽天経済圏のデメリットとなる部分を紹介してきたので、楽天経済圏から離脱するべきかどうか気になる人もいるでしょうが、結論としてはまだまだ楽天経済圏のお得さは他と比べてダントツに良いと言えるでしょう。

最近では楽天以外の会社もポイント経済圏に力を入れていますが、経済圏と呼ぶにはサービスが少なかったり、各サービスとポイント還元率が連携できていなかったりと、まだまだ成長段階いった印象を受けます。

そのため今はまだ楽天経済圏に身を置きつつ、より良いサービスと出会えたら部分的に他社へ乗り換えていくという作戦で問題ないでしょう。

楽天経済圏以外の選択肢は?

楽天経済圏に限らず、ポイント経済圏を利用するということは、もはや節約の基本と言っても良いぐらい多くの人が実践しています。楽天経済圏のデメリットにより楽天経済圏がイヤになった人でも、どこかメインとなるポイント経済圏は決めておいた方がお得です。

そこで楽天経済圏からの乗り換え先として、筆者が最もおすすめするのがPayPay経済圏(ヤフー経済圏)です。PayPay経済圏は楽天経済圏以外のポイント経済圏で最も勢いがあり、近い将来楽天経済圏と並ぶのではと筆者は予想しています。

PayPay経済圏(ヤフー経済圏)の始め方や楽天経済圏との比較については以下の記事をご覧ください。

”楽天経済圏のデメリット”まとめ

①ポイント進呈ルールの改悪が多い
②エントリーを忘れてしまいがち
③無駄遣いしてしまいがち
④楽天グループで固めすぎてしまいがち

楽天経済圏と言えどメリットばかりではありませんが、デメリットを考慮してもまだまだ楽天経済圏一強の状態は変わっていないでしょう。

しかし、他社のポイント経済圏も段々と追い上げてきているため、今後の動向に注目していきたいと思います。