専業主夫の超節約術

格安SIM、光回線を中心に資産形成のための超お得な節約術を紹介します。

専業主夫の超節約術

【2021年版】格安SIM(MVNO)容量別の最安値を紹介【料金比較一覧表あり】

f:id:otokonobiyo:20210624154936p:plain

速度や電波に大きな差が見られない昨今の格安SIM業界で、筆者が最優先するのはズバリ”最安値であること”です。「おすすめの格安SIMは?」と聞かれたら迷わずその容量帯の最安値キャリアを紹介します。

三大キャリアから新プランが登場した2021年、格安SIM各社でも大幅に月額料金の引き下げが行われており、最安値は頻繁に入れ替わっている状態です。

そこで今回は、ケータイオタクの筆者が最新の料金プランを比較し、”容量別”に最安値のおすすめキャリアを紹介していきます。

なお、本記事で紹介する商品は全て「音声通話+データ通信プラン」です。

格安SIM(MVNO)とは?

f:id:otokonobiyo:20210624145003p:plain

3大キャリア(docomo,au,SoftBank)の回線を借り、メンテナンスコストを抑えることにより低価格のSIMカードを提供しているのが格安SIMです。

厳密には、MVNOとは大手キャリアの回線を借りて通信事業を行う事業者のことであり、その事業者が提供するSIMカードのことを格安SIMと言います。しかし、ほとんど同じ意味で使われているため「格安SIM=MVNO」と思っていただいて大丈夫です。

格安SIM(MVNO)のメリット・デメリット

最大のメリットは何と言っても”安い”ことです。もしも、まだあなたが三大キャリアの従来プランを使っているのであれば、月額で数千円は簡単に節約することができます。

年間で数万円、家族がいれば全員を格安SIM(MVNO)に替えることで年間10万円以上の節約になるのも珍しくありません。

デメリットは、店舗がないのでネット上で自分で手続きしなければならないことやキャリアメール(@ezweb.jp,@docomo.ne.jp,@softbank.ne.jpなど)が使えないことが挙げられますが、どの問題も対処可能で致命的なものではありません。

格安SIMのデメリットに関しては、コチラの記事でもっと詳しく解説しています。

2021年は携帯代・スマホ代の革命期

f:id:otokonobiyo:20210624140524p:plain

2021年は、docomoのahamo・auのpovo・SoftBankのLINEMOと3大キャリアからオンライン限定の新プランが登場したことにより、スマホ業界にとって節目の年となりました。

これらの新プランによる月額料金の大幅な値下げにより、格安SIM(MVNO)各社でもプラン料金の値下げ合戦が行われています。

具体的にはnuroモバイルの5GBで990円だったり、リペアSIMの20GBで1,980円だったりと、「今までの携帯代って何だったのか…」と思ってしまうくらいの価格破壊が起こっています。

まだ三大キャリアの従来プランを使っている人は、これを機に格安SIMにすることを強くおすすめします。たったそれだけで月に数千円、年に数万円もの節約となる人も少なくありません。

格安SIM(MVNO)の選び方

f:id:otokonobiyo:20210624110807p:plain

携帯代を節約するための最大のポイントは、自身が月々どのくらいのデータ容量を必要とするのか把握することです。

なぜなら、格安SIM(MVNO)は必要な容量によって、最安値となるキャリアが違うからです。例えば、「5GBの場合はA社が最安だけど20GBの場合はB社の方が安い」というのはよくあることです。

ですので、「格安SIMの最安値は〇〇モバイルです!」という記事は不完全で、正確には「格安SIMの最安値は必要なデータ容量による」が正解なのです。

現在あなたが契約しているキャリアのマイページなどで、自分が月に何GB使っているか確認できるはずですから、格安SIM(MVNO)に乗り換える前にまずはそれを確認しておきましょう。

f:id:otokonobiyo:20210608230039p:plain

携帯代・スマホ代を節約すための最大のコツは、自分にとって最適なプランを見つけることです。データ容量を余らせてしまうのは無駄ですし、足りずに追加容量を購入するのはもっと最悪です。

携帯代・スマホ代節約のためのコツやデータチャージがダメな理由については、以下の記事を参照してください。

おすすめする格安SIM(MVNO)の基準は”最安値”であること

f:id:otokonobiyo:20210624112602p:plain

本記事で筆者がおすすめする格安SIM(MVNO)の基準は、ズバリ”最安値であること”です。「〇GBだったらA社、〇GBだったらB社」というようにその容量で最も安い格安SIM(MVNO)キャリアを紹介します。

他にも電波の入りやすさや、通信速度など考慮すべき基準があるようにも思えますが、ぶっちゃけどのキャリアもそんなに変わりません。もちろん安さでカバーできない重大な欠点があればおすすめから外しますが、今回紹介しているキャリアにはそのような欠点はありませんので安心してください。

本ブログのコンセプトである”資産形成のための超節約術”的にも「安いは正義」の精神でおすすめしていきます。

容量別のおすすめ格安SIM(MVNO)

筆者はケータイオタクなので、格安SIM(MVNO)の知識も詳しい方であると自負しています。そんな筆者が最新の各社新料金プランを踏まえたうえで、料金を比較し一覧表も作成しました。

それでは、おすすめの格安SIM(MVNO)を「小容量(7GB未満)」「中容量(7GB以上20GB未満)」「大容量(20GB以上)」の3つの容量帯に分けて紹介していきます。

小容量(7GB未満)

f:id:otokonobiyo:20210819101958p:plain

1GB⇒HISモバイル
プラン名:格安ステッププラン

回線:docomo

月額料金:1GB⇒590円

速度切り替え機能:なし

低速通信時の速度:128kbps

1GBのプラン料金がダントツに安いのはHISモバイルです。低速通信時の速度は128kbpsなので、高速容量を使い切ってしまうと、ほとんど何もできなくなると思っておいた方がいいでしょう。

HISモバイルの申し込みはコチラ

3GB⇒nuroモバイル

プラン名:VSプラン

回線:docomo・au・SoftBank

月額料金:3GB⇒792円

速度切り替え機能:あり

低速通信時の速度:200kbps

2GBの場合リンクスメイトが770円で最安値ですが、nuroモバイルの3GBと比較すると、その差はたったの20円ですので筆者はnuroモバイルをおすすめします。

また、同容量ではHISモバイルの790円の方がnuroモバイルより2円安いのですが、低速通信時の速度と対応回線を考慮した結果、nuroモバイルの方をおすすめします。

nuro mobileの申し込みはコチラ

4GB⇒IIJmio

プラン名:ギガプラン

月額料金:4GB⇒1,078円

回線:docomo,au

速度切り替え機能:あり

低速通信時の速度:300kbps

後述するnuroモバイルの5GBプランは990円なので、一見そちらの方がお得に見えますが、nuroモバイルはデータ通信の高速・低速の切り替えができません。

低速モードへの切替による高速データ容量の節約を行う人は、nuroモバイルの5GBプランよりも、低速モードで300kbpsの速度が出るIIJmio-4GBプランにした方が良いでしょう。

IIJmioの申し込みはコチラ

以下の記事では、低速モードでどんなことができるのかを紹介しているので、料金プラン選定の参考になるかと思います。

5GB⇒nuroモバイル

プラン名:VMプラン

月額料金:5GB⇒990円

回線:docomo・au・SoftBank

速度切り替え機能:あり

低速通信時の速度:200kbps

前述した4GB-1,078円のIIJmioよりも、nuroモバイル5GBプランの方が容量も大きいし料金も10円安いので、コスパ的にはnuroモバイルの方が優れています。

しかし、nuroモバイル唯一の弱点である”データ通信の高速・低速の切り替えができないこと”は使う人によっては重要なポイントです。低速モードへの切替による高速データ容量の節約を行う人は、前述したIIJmioの4GBの方がいいかもしれません。

nuro mobileの申し込みはコチラ

6GB⇒日本通信SIM

プラン名:合理的みんなのプラン

月額料金:6GB⇒1,390円

回線:docomo

70分無料通話付き

速度切り替え機能:なし

低速通信時の速度:128kbps

月額料金だけ見ると、IIJmioの6GBプランの方が70円安いのですが、日本通信SIMには70分無料通話が付いているのでコチラの方が断然お得です。70分無料通話は他社でオプションとして付けようとすると700円ぐらいなので、実質6GBで690円という驚愕のコストパフォーマンスとなっています。

日本通信SIMの申し込みはコチラ

日本通信SIMについてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事が参考になるかと思います。

しかし、通話料を安くする手段として通話定額オプションが最善策とは限りません。以下の記事に書いている方法を使えば、より月額料金を抑えることができるかもしれないので、一度目を通してみることをおすすめします。

中容量(7GB以上20GB未満)

f:id:otokonobiyo:20210819110337p:plain

8GBor15GB⇒IIJmio

プラン名:ギガプラン

月額料金:8GB⇒1,518円、15GB⇒1,848円

回線:docomo,au

速度切り替え機能:あり

低速通信時の速度:300kbps

IIJmioの8GBプランは、7GB-1,463円のリンクスメイトと比べて55円高く、8GB-1,485円のnuroモバイルと比べて33円高いのですが、低速通信速度や速度通信切り替え機能を考慮した結果、IIJmioの方を強くおすすめします。

また、15GBプランではIIJmioがダントツの最安値となっています。

IIJmioの申し込みはコチラ

10GB⇒リペアSIM

プラン名:リペアSIM基本プラン

月額料金:10GB⇒1,680円

回線:docomo・SoftBank

速度切り替え機能:なし

低速通信時の速度:200kbps

リペアSIMの契約期間中は、iPhone修理サポート「アイサポ」での修理代金がいつでも10%OFFになるという、珍しい格安SIMです。さらに、あまり知られていませんが基本料金がかなり安く、10GBプランでは業界最安値となっています。

当ブログでは、スマホ保険への加入は推奨していないのですが、リペアSIMを契約するだけでiPhoneの故障リスクに備えられるのも大きなメリットです。

リペアSIMの申し込みはコチラ

大容量(20GB以上)

f:id:otokonobiyo:20210819112029p:plain

20GB⇒リペアSIM

プラン名:リペアSIM基本プラン

月額料金:20GB⇒1,980円

回線:docomo・SoftBank

速度切り替え機能:なし

低速通信時の速度:200kbps

リペアSIMの契約期間中は、iPhone修理サポート「アイサポ」での修理代金がいつでも10%OFFになるという、珍しい格安SIMです。さらに、あまり知られていませんが基本料金がかなり安く、20GBプランの業界最安値となっています。

当ブログでは、スマホ保険への加入は推奨していないのですが、リペアSIMを契約するだけでiPhoneの故障リスクに備えられるのは大きなメリットです。

リペアSIMの申し込みはコチラ

20GB⇒日本通信SIM

月額料金:20GB⇒2,178円

回線:docomo

70分無料通話付き

速度切り替え機能:なし

低速通信時の速度:128kbps

月額料金だけ見ると、リペアSIMの20GB-1,980円の方が198円安いのですが、日本通信SIMには70分無料通話が付いています。70分無料通話は他社でオプションとして付けようとすると700円ぐらいなので、実質20GBで1,478円という驚愕のコストパフォーマンスとなっています。

よく電話をするという人はリペアSIMよりも日本通信SIMを選ぶべきでしょう。

日本通信SIMの申し込みはコチラ

日本通信SIMについてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事が参考になるかと思います。

しかし、通話料を安くする手段として通話定額オプションが最善策とは限りません。以下の記事に書いている方法を使えば、より月額料金を抑えることができるかもしれないので、一度目を通してみることをおすすめします。

30GB⇒LIBMO

月額料金:30GB⇒2,728円

回線:docomo

速度切り替え機能:あり

低速通信時の速度:128kbps

20GBでは足りないけど30GBあれば足りそうだなという人には、30GBプランを提供しているキャリアでダントツ最安値のLIBMOがおすすめです。30GBでも足りない人のためのプランは後述します。

LIBMOの申し込みはコチラ

30GBでも足りない人は・・・

自宅に固定回線がなかったり、外出先でテザリングを頻繁に使ったりする人は、30GBのプランでも足りない場合があります。

そんな人のために、大容量の格安SIMにフォーカスした記事を作成していますので、そちらを参考にして頂きたいと思います。

かけ放題が必要ならOCNモバイル

月額料金:1GB⇒770円

無制限かけ放題:+1,430円

回線:docomo

速度切り替え機能:あり

低速通信時の速度:200kbps

もしも無制限かけ放題が必要なのであれば、選ぶ格安SIMはOCNモバイル一択でしょう。

格安SIMには無制限かけ放題を提供しているキャリアがそもそも少ないのですが、その中で圧倒的にオプション料が安いのがOCNモバイルなのです。他にもメリットがいくつかあるので、興味がある人は以下の記事をご覧ください。

しかし、通話料を安くする手段として通話定額オプションが最善策とは限りません。以下の記事に書いている方法を使えば、より月額料金を抑えることができるかもしれないので、一度目を通してみることをおすすめします。

もっと携帯代を安くしたい人は・・・

以下の記事では、ただ格安SIMに乗り換えるだけより、もっともっと携帯代を安くするための節約術を紹介しています。

もちろん三大キャリアから格安SIMに乗り換えるだけでも、節約という点では及第点なのですが、一度読んでおいて損はない内容になっているかと思います。

スマホ保険は保険会社の商品を

f:id:otokonobiyo:20210614145140p:plain

格安SIMに乗り換えるにあたり、「スマホの保険はどうすればいいのか」と心配される方がいますが、その必要はありません。むしろ、スマホの保険はメーカーやキャリアで加入する時代ではないのです。理由は単純にコスパが悪いからです。

当ブログでは、スマホ保険の加入自体をあまりおすすめしていませんが、加入するのなら絶対に保険会社の商品をおすすめします。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

”格安SIM(MVNO)容量別の最安値を紹介”のまとめ

「格安SIM 最安値」で検索しても本記事のような、容量別の最安値を簡潔に紹介しているコンテンツがなかったので作成しました。

今後も各キャリアの料金プランは変動する可能性が高いと思われますので、その度に本記事も更新していきたいと思います。

節約した携帯代を資産運用等、別のことに使っていくための一助になれば幸いです。