専業主夫の超節約術

格安SIM、光回線を中心に資産形成のための超お得な節約術を紹介します。

専業主夫の超節約術

【デュアルSIM】iphoneで同時待ち受け可能な機種と設定方法を紹介!

f:id:otokonobiyo:20210614141019p:plain

・デュアルSIMって何?

・同時待ち受けって何?

・iPhoneで同時待ち受けできる機種は?

・同時待ち受けの設定方法が知りたい。

この記事では上記のような悩みを解決していきます。

デュアルSIMの基本的な知識を含めて説明していきますが、同時待ち受け対応機種だけ確認したい人はコチラへスキップしてください。

デュアルSIMとは

f:id:otokonobiyo:20210506152627j:plain

デュアルSIMとは、1台のスマートフォンで2種類のSIMを使い分けることができる機能のことです。

この機能のおかげで、仕事用とプライベート用の電話番号を使い分けたり、通話とデータ通信で利用するSIMを使い分けたりすることができます。

少し前まではスマホやガラケーの“2台持ち”でしかできなかったことが、スマホ1台で可能になる画期的な技術です。

デュアルSIM同時待ち受けとは

f:id:otokonobiyo:20210518124823p:plain

2つのSIMを同時に待ち受け状態にできること。つまり、SIMの切り替えをすることなく、どちらの電話番号に掛かってきた電話でも着信することができる状態のことです。

このデュアルSIM同時待ち受けのことをDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)といいます。

逆に、2つのSIMを持つことはできても、発着信のためにSIMの切り替えが必要なことをDSSS (デュアルSIMシングルスタンバイ)といい、DSDSといいます。

DSDSを使用するための条件

iPhoneをDSDSで使うためには以下の①、②どちらかのタイプのデュアルSIM対応スマホであることが条件となります。

①「物理SIM+物理SIM」タイプ

②「物理SIM+eSIM」タイプ

詳しくは以下の記事が参考になるかと思います。

補足.eSIMのみだと同時待ち受け不可

例えば、Rakuten HandやRakuten Miniなどの楽天オリジナル機種にはeSIMのみ搭載されており、SIMスロットがありません。

eSIMには複数のキャリアデータをダウンロードすることができるため、eSIMだけでも複数の電話番号を持つことができますが、eSIMのみでは同時待ち受け(DSDS)に対応していないため、オンにしている方のSIMしか発着信及びデータ通信できません。

これが前述したDSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)という状態です。

DSDS対応のiPhone一覧

・iPhone 12シリーズ

・iPhone SE(第2世代)

・iPhone 11シリーズ

・iPhone XS シリーズ

・iPhone XR

上記の機種は、全て物理SIM+eSIMによるDSDS (同時待ち受け)に対応しています。

iPhoneX以前の機種はeSIM非搭載なのでデュアルSIMに対応していません。

iPhoneでの同時待ち受け設定方法

iphoneで同時待ち受け(DSDS)の状態にする方法を説明します。

「設定>モバイル通信」の赤枠部分が現在操作可能なSIMの一覧です。両方を”オン”にしておくことでどちらの電話番号に掛かってきた電話も受けることができ、どちらの電話番号からでも発信できます。

f:id:otokonobiyo:20210805121542j:plain

もちろん”オフ”にしておくことで、着信を受けないという使い方もできます。

上記の設定方法は、物理SIM(カード)+eSIMの開通手続きが済んでいることが前提です。開通手続き自体がよくわからないという方には、以下の記事が参考になるかと思います。

発信時はこんな感じ

iPhoneで同時待ち受け可能状態に設定すると、電話を掛ける時はこの様に、どちらの電話番号から発信したいかを選択することができます。

f:id:otokonobiyo:20210810154455j:plain

電話帳に登録されている連絡先へ発信する時はこの様な画面になります。赤枠をタップすることでどちらの電話番号から発信したいかを選択することができます。

f:id:otokonobiyo:20210805122005j:plain

補足 ブラウザの電話番号リンク経由で掛けるときは、デフォルトに設定している回線から発信されます。

デュアルSIMオススメの組み合わせ

せっかくなので、オススメのSIMの組み合わせを紹介したいと思うのですが、これはどういった使い方をするか、また使う機種によっても変わってしまいます。

具体的には、『月々どのくらいの容量を必要とするのか、使う機種は何なのか、電話番号が2つ必要なのか』によって最適な組み合わせが変わります。

答えは全てコチラの記事でわかりやすく紹介しています。

オマケ.海外版iPhone

f:id:otokonobiyo:20210518125651j:plain

筆者も所持はしていないのですが、中国・香港・マカオで販売されているiPhoneには、SIMスロットが2つ搭載されているらしいです。

SIMスロットが二つ搭載されていればnanoSIM+nanoSIMによるデュアルSIMが可能で、eSIM+nanoSIMよりもキャリアの選択肢が増えますね。

しかし、前述したとおり、現状は携帯代を節約するなら「楽天モバイル×IIJmio」、電話番号を2つ持つなら「楽天モバイル×OCNモバイル」という組み合わせをeSIM+nanoSIMで設定するのが一番オススメです。

つまり、わざわざ中国・香港・マカオモデルのiPhoneを日本で使うメリットは少ないと考えます。

iphoneで同時待ち受け可能な機種と設定方法のまとめ

デュアルSIMについての基本的な知識はコチラから。

同時待ち受け対応のiPhone一覧はコチラから。

iPhoneの同時待ち受け設定方法はコチラから。

デュアルSIMオススメの組み合わせはコチラから。

デュアルSIMによる同時待ち受けを設定すれば、SIMを切り替える必要なく2つの電話番号を使うことができます。

2つの電話番号を1台のスマホで管理できるなんて、良い時代になりましたね。