専業主夫の超節約術

格安SIM、光回線を中心に資産形成のための超お得な節約術を紹介します。

専業主夫の超節約術

【2021年最新版】5Gホームルーター(コンセント型WiFi)3社を徹底比較した結果

f:id:otokonobiyo:20210927222115p:plain

ホームルーター(コンセント型WiFi)は、コンセントに挿すだけで簡単にWiFi環境を構築することができるサービスです。5Gによる高速通信の実現により光回線の代わりとして注目を集めています。

現在、大手携帯キャリア3社(docomo,au,SoftBank)がホームルーター(コンセント型WiFi)のサービスを提供していますが、「結局どれがいいのかわからない!」という人のために比較表付きで解説していきます。

結論を先に紹介すると、今のところ「ドコモ home 5G」以外は考えられません。

ホームルーター(コンセント型WiFi)とは何か?

f:id:otokonobiyo:20210927095001p:plain

ホームルーター とは、機器をコンセントに挿すだけでWiFi環境を構築できる、いま注目のサービスです。

インターネット回線を物理的に屋内まで引き込む「光回線」と違って、電波を受信する「ホームルーター 」は工事の必要がないため賃貸住宅などで光回線を導入できない家庭に最適です。

「光回線」か「ホームルーター」か、もしくは「ポケットWiFi」なのか。自分に最適な方法がどれかわからない人は、まず以下の記事に目を通してみてください。

5Gホームルーターの比較表

f:id:otokonobiyo:20210927115736p:plain

現在ホームルーターは、大手携帯キャリア3社(docomo,au,SoftBank)だけがサービスを提供しており、それぞれに特徴があります。結論としては「ドコモのhome 5G」が一番おすすめなのですが、各項目ごとに比較検討していきます。

上記比較表を見ただけでもドコモ「home 5G」が他社より優れていることがわかります。以下リンクの代理店から申し込みを行うと15,000円の現金キャッシュバックが受け取れるので、普通に申し込むよりかなりお得です。

ドコモ home 5Gの申し込みはコチラ

月額料金

f:id:otokonobiyo:20210927105541p:plain

節約という観点から最も重視する月額料金ですが、3社で料金設定に大きな差が見られます。

数ヶ月・数年単位で払い続けていく通信費を考えるときは、数百円の差も見逃すことはできません。たったの400円差でも1年で4,800円、10年で48,000円もの差になるのです。

ドコモ「home 5G」

表のとおり、5,000円を切る料金設定は3社の中でダントツに安くおすすめできます。

au「ホームルーター 5G」

ドコモより高くソフトバンクより安い位置ですが、月額料金だけ見てもやはりドコモを選ぶべきでしょう。

ソフトバンク「SoftBank Air」

月額料金を並べて比較したときにダントツで高いことがわかります。今後、他の2社に合わせた料金改定が行われる可能性もありますが、現時点ではおすすめできません。

端末代金

f:id:otokonobiyo:20210927105754p:plain

サービスを使うには、それぞれ専用のホームルーターが必須です。3社とも3年間の分割払いで端末代金が実質0円になりますが、3年未満で解約を行った場合は残債を一括で支払う必要があります。

これは実質3年間の年数縛り、そして端末代金が違約金に相当します。

ドコモ「home 5G」、au「ホームルーター 5G」

2社の端末代金は同額です。個人的にはもっと安くてもいいと思いますが、おそらくこれ以上安くなることはないでしょう。

ソフトバンク「SoftBank Air」

言葉を選ばずに言わせていただくと、はっきり言ってぼったくりです。

他の2社と同じく3年間契約すれば実質無料になりますが、3年以内に解約した場合は他の2社より2倍近い残債を支払う必要があります。

速度制限

f:id:otokonobiyo:20210927105817p:plain

光回線には速度制限がないため、”ホームルーターを光回線の代わりに”と考えた場合、速度制限はないことが最低条件でしょう。

ちなみに、筆者はオンラインゲームなど一切やりませんが、ネットフリックスやAmazonプライムビデオなどの動画視聴だけで毎月300GBほど通信しています。

ドコモ「home 5G」

公式には「3日間で使い過ぎると速度制限あり」の旨が記載されていますが、現時点では1日に何GB使おうとも速度制限に掛かったという報告は見られません。

ただし、今後契約者数が増加した場合には「3日間で○GB以上」などの制限が入る可能性はあります。

au「ホームルーター 5G」

直近3日間で15GB以上使用した場合に速度制限が掛かります。単純計算で1日5GBまでなので1ヶ月にすると150GBまでしか使うことができません。

これは残念というしかありません。光回線の代わりに使うものなのに上限がたったの150GBではお話にもなりません。複数人で使う場合はすぐに上限を超えてしまうでしょう。

ソフトバンク「SoftBank Air」

純粋な「速度制限なし」を謳っているのはソフトバンクだけです。しかし、一つ気になるのは『制限に掛かっているかのように遅い時がある』という報告がいくつも見られることです。

住んでいる地域や建物の状況にもよるため判断が難しいところですが、頭の片隅には入れておきましょう。

最低利用期間と違約金

f:id:otokonobiyo:20210927125148p:plain

3社とも最低利用期間及び違約金はありません。しかし、前述したとおり端末代の残債が事実上の違約金となっています。特に「SoftBank Air」の端末代はかなり高額なので注意が必要です。

なお、「SoftBank Air」は元々最低利用期間と違約金がありましたが、2021年9月15日から撤廃されています。

5Gエリアの範囲

f:id:otokonobiyo:20210927105902p:plain

いくら5Gが光回線にも劣らない高速通信と言っても、自宅が5Gエリア内でなければ何の意味もありません。(4Gでは通信できます)

各キャリアのサービスエリアマップを確認したところ、ドコモがダントツでエリアが広く、auとソフトバンクはまだまだという印象を受けました。契約の際には、下記リンクからエリアマップを事前に確認しておくことをおすすめします。

ドコモ「home 5G」

サービスエリアマップ | 通信・エリア | NTTドコモ

au「ホームルーター 5G」

エリアマップ | エリア:スマートフォン | au

ソフトバンク「SoftBank Air」

サービスエリアマップ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

スマホセット割

f:id:otokonobiyo:20210927105930p:plain

ドコモ「home 5G」、au「ホームルーター 5G」、ソフトバンク「SoftBank Air」の全てがスマホとのセット割を行なっています。割引額はスマホ料金から-1,100円ですが、オンライン専用プラン(ahamo,povo,LINEMO)は対象外です。

f:id:otokonobiyo:20210927160528p:plain

そもそもスマホはスマホ、固定回線は固定回線と別々に考えなければ必ず損をします。安いスマホと安い固定回線をそれぞれ契約すれば、そもそもセット割など必要ないのです。

f:id:otokonobiyo:20210927160557p:plain

スマホは三大キャリアから卒業し、格安SIMに乗り換えることで月に数千円、年間で数万円も携帯代を節約することができます。スマホ割の1,100円どころではありません。

格安SIMへの乗り換えを含めた、携帯代の節約術については以下の記事が参考になるかと思います。 

結論:ホームルーター はドコモ「home 5G」一択

f:id:otokonobiyo:20210927115736p:plain

au「ホームルーター 5G」は、ドコモより月額料金が高いにも関わらず1ヶ月で150GBまでしか使うことができないため選択肢にも入りません。

ソフトバンク「SoftBank Air」は、端末代が異常に高いのとドコモより月額料金が400円以上も高いためおすすめできません。

よって、ホームルーターを今から契約するのならドコモ「home 5G」を強くおすすめします。ちなみに以下リンクの代理店から申し込みを行うと15,000円の現金キャッシュバックが受け取れるので、普通に申し込むよりかなりお得です。

ドコモ home 5Gの申し込みはコチラ

ホームルーターはあくまでも光回線の代わり

f:id:otokonobiyo:20210911212050p:plain

「ホームルーター」は基地局からの電波を受信しているに過ぎないので、インターネット回線を物理的に自宅まで引き込んでいる「光回線」にはどうやっても勝てません。また、月額料金も光回線の方が安いです。

「工事とか面倒くさい」と言う人がいますが、自身で工事を行うわけではありませんし、一度やってしまえばそれっきりです。工事が可能な家に住んでいる人には光回線を導入することをおすすめします。

5Gホームルーター(コンセント型WiFi)3社を徹底比較のまとめ

3社の5Gホームルーター(コンセント型WiFi)を比較した結果、全ての項目においてドコモ「home 5G」が優れていることがわかりました。筆者はドコモの回し者でも何でもないですが、「home 5G」以外を選ぶ理由はないと考えます。

ドコモ「home 5G」を契約する場合は、以下リンクの代理店から申し込みを行って15,000円を受け取ることを忘れないようにしましょう。

ドコモ home 5Gの申し込みはコチラ